top
ライン
   


★パチンコ編1★

パチンコとは・・・

日本人が大好きなギャンブルがパチンコでは無いでしょうか。私の住んでいる地元などは、パチンコ屋さんばっかりです。あっ他をみてもパチンコ、こっちをみてもパチンコです。

さてこのパチンコですが、パチンコというのはパチンコ屋さんの店内に置かれているパチンコ専用の台で行います。専用の玉を借りてパチンコ外から打ち出して回転体や羽根、チューリップといった役物などに当たって下に落ちていき、入賞口といわれる当たりの穴に球が入ると規定の入賞球というものを得ることが出来ます。

このパチンコ玉は全国で一律1個4円以下決められていて、最低貸出単位が100円で25個です。パチンコ玉の値段なんて正直知っている人がいるのでしょうか?

パチンコで出てきた玉は景品と交換することができます。その景品はタバコや菓子などの一般景品のほかに、換金交換景品があって、この特殊景品が、パチンコのギャンブル色を濃くしているのかもしれません。

パチンコ球と景品との交換率は店によって違ってきます、パチンコ店を選ぶ時には、この交換率なんかも頭に入れてみてみると面白いかもしれません。パチンコは手軽に楽しめるとはいえ、やはりギャンブル。中にはパチンコがやめられず、しかも負け続けて自己破産した人もいますから、パチンコをする際は節度を守って楽しむようにしたいものです。

店を選ぶ

初めて行く場合は、新しい店が接客もしっかりして客質も良いので安心かと思います。新しい店の場合は大抵 台の上部に回転数やグラフが付いていて分かり易いのも特徴です。古い店はその日の大当り回数しか分からない店が多いので最初は新しい店がいいでしょう。

パチンコ店は宝くじのようにいつ買っても同じというわけではなく、ある程度店が出玉を調整できます。傾向として挙げられるのが客が多い日は出にくいということです。つまり土日祝日と近隣店の休日は出さなくても客が来るので当然釘が渋めになります。結果として同じ1000円を使っても回りにくくなります。平日は休日に比べて客が来ないので出やすい傾向にあります。

しかしはやってない店は経費の為に、曜日に関わらず締めざるを得ません・・・

地域にもよりますが、多くの店で開店時間は朝10時です。閉店時間は多くの店で23時ですがそれよりも早く閉める店もあります。しかし23時を超えることはありません。忙しい日は土曜・日曜・祝日と近隣店の休日と新台入替(後述)の週で、忙しい時間帯は16時前後と20〜22時前後でこれは多くの客の交換が重なるためです

交換率

先ほども出ましたが店を選ぶポイントで交換率があります。一般的には交換率が良くなるとあたりも出やすくなるのではと思います。

交換率が低い店・・・・交換率が低い店の方がよく回ります。よく回るということはより少ない投資で大当りする可能性も高くなります

交換率が高い店・・・・大当りした時の金額が大きい大当りまでの投資額が大きくなります

ですので初心者の方などは最初はなるべく交換率の低い店を選ぶ方が良いと思います。



台を選ぶ

一般的な台の選び方です。多くの人の参考になるのが大当りの回数なのです。パチンコは完全確率方式といって確率1/300の場合、最高でも300回まわせば1回大当りではなく毎回1/300で抽選というものなのでどれを選んでも同じ確率のはずなのですが、大当りが多い台がなぜか好まれます。

※必ず注意しなければならないのが、台を選んだあとで座る前に、台か箱に玉かタバコやハンドバッグなどがおいてある台は他の客が座っている台なのであいていないということです。ゴミに見える物でもトラブルを避けるために最初は座らないほうが良いでしょう。

台の別の選ぶ方法としてはスタート回転数を参考にする方法があります。これも完全確率方式の台の場合にどれでも同じはずなのですが、連チャンを期待して100回転未満の台を選んでみたり、確率と同じ300回転程度の台を選んでみたり色々な方法があります。たくさん回しているのに大当りしないことを「ハマる」と言って多くの人はハマリ台を避ける傾向にありますが、中には好んでハマリ台を選ぶ人もいます

パチンコ編2へ

home>パチンコ編1

注目サイト

信州伊那自動車教習所
http://www.driving-school-no1.jp/

最終更新日:2016/11/8

パチスロ
パチンコ

お問合せ

 

操作パネル

Copyright c 2008 .パチンコ・パチスロの沼 All Rights Reserved